”塩湯足浴(えんとうそくよく)”①

今日は嬉しいお声を頂戴したので

それをご紹介致します。

長年”冷え性”をもっていた神奈川県にお住いの
ご婦人からのお声です。

「お風呂に入ってでたあとも、身体は温まっても
すぐに足先は冷たくなってしまっていたの。」

「それが、たった1回”この足湯”をしただけで
足先まで、ぽかぽかだったの。」

「もう、ほんとうにすごいわ。」

※ふつうは3回位で温かさを感じる方が多いのですが
とても早く体感が出ました。
良かったです(*^-^*)

私が過去、勤務していたところでは
本当に”冷え性”の方が多かったです。

そんなとき、その会社でこの”塩湯足浴”の
応用で、冷えを改善してもらった例が数多くあります。

今ちまたでは、冷える食品がたくさんありますので
どうしても、知らず知らず”冷えの体質”をつくっていって
しまう方はやはり多いです。

”塩”とは、海で想像できるように、
生命に深いかかわりがあります。

生命が誕生した海も、赤ちゃんが育つ
お母さんの子宮胎内も、海水の成分とよくにている
というのを聞いたことがあるかと思います。

足浴は、”腎臓”を助けます。

そして””腎臓”には、生まれてきた時

親から受け継いだ、”先天の氣”という

生命の種火がしまってあります。

その種火がしっかりと燃える時

人は”元氣の炎”をより輝かせるのです。

元氣になって、本当に良かったです。
ありがとうございました。

陰陽栄養士 上地弘三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です