”満月の塩”と”水冬湯(すいとうとう)”を試してみて。

突然ですが、、、、、

”冷え”というのは、体温が低いことではありません。

「は?」と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、

脇の体温をはかっても、あくまでリンパの体温なので

免疫が活性していた場合、熱があがってしまい、かえってわかりません。

「じゃあ、どうやって”冷え”ってわかるの?」

そう思いますよね。じゃあ、どうやったら分かるのか。

冷えというのは、”陰陽学(いんようがく)”では

体内の”陰の力(冷やす力)”の蓄積量で考えます。

そしてその蓄積量をコントロールする臓器。それは

”腎臓”です。

では、どのように判断したらよいのか。

一つの指標として『小のお手洗いの回数』があります。

冷えていればいるほど、

尿の量は少なく、そして行く回数が多くなります。

温かい体質とは、

・トイレの回数は1日だいたい5回程度で、しっかりと出る。

・暑いところでも、寒いところでも、適応できる。

・痛みに強く、馬力がある。

こんな特徴があります。

歯医者さんとかで、やたらと痛がる人は、冷えているかもしれませんね。

かくいう私も、

一時期冷えていることがありました。

甘いものを食べすぎたり、ストレスを受けすぎたり、
したときです。

ちなみに、

人のせいにしたり、嘘またはいいわけをしたり、

噛まずに、飲みこんでいたりしても

「冷え体質」に近づいてしまいます。

最近は嬉しいことに、たくさんの仕事を
させていただいているので、

”陽の氣(あたたまる力)”の使いすぎで

足りなくなってしまい、冷えてしまうことがあります。

そんな時しているのが、

”塩湯入浴”&”薬草風呂”

5gの「満月の塩」を湯舟に入れ、

さらに、「水冬湯(すいとうとう)」を1袋入れて

湯舟につかります。

お湯はやわらかく感じるし、

それでいて、温かいし(*^-^*)

疲れと、冷えが、すごーーーく抜けるんですよね~。

良く温泉では、「疲れが出る~。」というそうですが、

本当に良く、抜けます。

・・・・やばい、また入りたくなってきた。

今日もゆっくりつかろう。(*^-^*)

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

陰陽五行栄養士 上地弘三

 

↓入浴セットの販売リンク(^^)/

https://uminohiro.thebase.in/items/10837678

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です