知っておこう”野菜と臓器の関係”『腎』

☆今日のお薦め健康法

胡麻油を、毎日大さじ1/2を料理と一緒に食べる。
『身体を温めて、肝腎を元氣に!』
味噌汁、サラダ、煮物、炒め物に。
↓健康胡麻油の販売リンク(^^)/

https://uminohiro.thebase.in/items/10692076

 

今日は、よく出てくる野菜が身体のどこを
元気にしてくれるのか。の
「おおざっぱ」なお話。

なぜ、おおざっぱかというと
まず、おおまかな方が
掘り下げるにしても、あとあと覚えやすいからです。

そこで、
「え、臓器ってそもそもなんのはたらきしてるの?」

と疑問を持つ方も多いと思うので、
まず、導入としてそこを説明します。

臓器については、おおざっぱではなくしっかりと説明します。

■美容、ホルモンの調整、身体の水を綺麗にする、身体を休めているときも一番はたらいている臓器”腎臓”

腎臓は、「身体の汚れを”尿”して排出してくれる。」というのは
一般的ですね。

腎臓が元気な人は、身体がスッキリしています。
具体的には、「あごまわり」「鎖骨」「わき」「股関節」「ひざうら」
ここが、はっきりしていて、みずみずしく美しいです。

それはリンパと関係があるから。

腎臓は体内の水を綺麗にする「ろか」をして、身体を
綺麗にしてくれます。

そして、もう一つ「身体の熱」の一番最初のかなめになる役割。
東洋医学でいう、”先天の氣”というのがしまわれています。

これは、父・母から受け継いだ、最初の生命エネルギーの源の
ようなもので、しいていうなら「種火(たねび)」といった方が
いいかもしれません。

テレビの古い番組などで、寿命をろうそくの火で例えたりする場面がありましたがそんなイメージでしょうか。

朝いちばん、身体を動かすための、”火”をもっています。

そして、大事なのが、「ホルモン」全体のはたらき、
西洋医学では「内分泌」といいますが、これの役割でも
非常に大事な仕事をしています。

現代病の原因として多い、「ストレス」これに
対応してくれるのは、副腎から出る「コルチゾール」
このホルモンのおかげで、ストレスに負けません。

そして、ストレスの原因であるものごとに
「よし、どうにかしてみせる。」という
たたかう意思を奮い立たせるホルモン「パゾプレシン」
これも、腎臓に大きな関わりがあります。

減量中のボクサーが闘争心を湧きあがらせるのも
これが関係しています。

さてそれでは、腎臓を元氣にしてくれる
野菜をチェックします。

下記は【日本人における1日の野菜の摂取量の順位の順番】です。
この中で、腎臓を助ける野菜に『☆』をつけておきます。

1 だいこん  ☆
2 たまねぎ
3 キャベツ
4 白菜    ☆
5 にんじん  ☆
6 ほうれん草 ☆
7 トマト
8 きゅうり
9 かぼちゃ  ☆
10 レタス
11 もやし
12 根深ねぎ  ☆
13 ブロッコリー☆
14 ピーマン
15 ごぼう   ☆
16 なす
17 こまつな  ☆
18 かぶ
19 れんこん  ☆
20 チンゲン菜

他にも、めきゃべつ、ゆりね、くわいなどがありますね。

いかがでしたか。
腎臓を元氣にする野菜。これは「五行(ごぎょう)」という
学問からの考え方になります。

来週(15日)は「脾臓」です。
それでは、お楽しみに~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です