健康管理士(嗅覚について)

今日のお薦め健康法

金秋湯(こんしゅうとう)
『排出を助け、細胞を浄化し、肺を癒す。』
咳止め、暑気あたり、胃腸病。

販売リンク

https://uminohiro.thebase.in/items/5362429

 

嗅覚が衰えると、、

・虚弱体質になる。

・筋肉量が減る。

・覇気がない。

・ひきこもりがちになる。

・1日の時間感覚にめりはりを感じなくなる。

そんなことがあるそうです。

特にアルツハイマー病の患者と、健康な高齢者を比較すると
明らかにアルツハイマーの方の方が、嗅覚の感覚が鈍いテスト結果になったそうです。

嗅覚障害を治療薬するトレーニング法などの記載は
ありませんでしたが、

『嗅覚は同じ匂いを長期間嗅いでいると疲れる。』
という点から、自身の身体が一番身近な匂いのもとなので
清潔に保つことが、嗅覚減退の予防になりますね。

・足の指を清潔にする。
・汗をよくかく、脇を清潔にする。
・鼻うがいをして、鼻の粘膜を掃除する。

汗はこまめにふき取ることも大事ですね。

暑いこの時期、夏バテで動きたくなーい。
となるといろんな部分に配慮が行き届かなくなりがちです。

そんな時こそ、
お掃除をたくさんして、元氣にいきましょうー^^

陰陽栄養士 上地弘三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です