■古来、肉は薬であり、常食ではなかった。

今は、スーパーでもコンビニでも、
お肉を食べることは出来ますが、

歴史をみていくと、
「お祭り」の時しか食べられなかったり、

「病気の時」しか食べられなかったりと
特別なものでした。

ちなみに、中国では
お祭りなどで、肉が取り分けられ
それが、足りなくなったり
不公平だったりすると、暴動や
反逆の理由になるほど貴重だったようです。

「食べ物の恨みは怖い!」というのは
今とはまったく違いますが、

にしても、やはり、本質は同じなのだな。と
感じます。

今日はそんな話の中で

肉が薬という話のいのししの部分を少しだけ。
(肉をとりすぎの人もいますので
偏ってうけとらないようお願いします)

自律神経失調症や精神のエネルギー不足。
そんな方に、昔、薦めて食べられていたのが
猪肉です。

現代で言えば、うつや、統合失調症などでしょうか。

少し書物をひもとけば

・痔や疥癬(かいせん)、寝小便を治す。
・「皮膚の栄養を補い、内臓の働きを良くし、
てんかんを治す。」(本草綱目)

など、あります。

現代病を言われているものの一つに
精神の病も多いですが、

食でも改善のヒントは隠されています。
よければご活用下さい。

陰陽五行伝承お茶SHOP希の
心を元氣にするお茶

https://uminohiro.thebase.in/items/6634797

●今日は仙人の気分で(笑)

影しかみえないほど速く駆けたり

雲から下りてきて、不思議な薬をくれたり

その体格から信じられないような力を出したり

、、、、するわけではありませんが
(ちょっと期待した?(笑))

日本にしかない、野草で煎じた
”千里を見渡すような、イメージでつくった
お茶を飲みながら、花を観賞したり”

https://uminohiro.thebase.in/items/6223310

位の高い方が
”頭を聡明で過ごすために、よくつかわれる
お茶を飲みながら、考え事をしたり”

https://uminohiro.thebase.in/items/6775668

自然観の見地で
”眠り、お肌、「氣血水」の
『血(けつ)』を整えるよう、舌を潤しながら
感じたり

https://uminohiro.thebase.in/items/5362338

(※西洋医学の血液とは異なります。
「けつ」とは栄養分そのものをさします。

そんなことを
堪能(たんのう)していると

気分は高揚してきますよね(*^-^*)

綺麗な器で、ぜひぜひ、香味を楽しんで
いただきたく存じます。

ちなみに今日は

”千里の道を美しくする
木性のお茶がお薦めです。”

それでは、良い夢を~♪

●玄神を調合していたのにも関わらず

今日は快晴だった。陽も何十もの光を
重ねてくれていて、ありがたかった。

陽の氣が高い時には、玄神は良い。

だから、今日は調合しようと思った。

玄神、その名のとおり、何度も重ねて
重ねて、玄になりゆく力。

ゆえに重ねると面白いことも起きるのかも
しれない。

調合の時、陰陽を用いるが
本質は陰陽を成すことにあらず。

これも、本ではないが例えるならば

陰陽のみではなく

その本質に「今、必要なものを、調合する。」

と定めていると、不思議なことも起こる。

、、、、のかもしれない。

「いつもどおり、1刻強の時間をかけ
完成。」

良い香り。

・・・・ん~んん!?

「な?玄・・心?」

色が淡い。

口に運ぶ。

「あれ?玄神の香味だな・・・。」

「しか・・し、見た目は玄心だな。」

※説明すると玄神は色が鮮やかに黒く
陽がものすごく強い。
しかし、玄心は色が淡く、陽は
劣る。
玄心は吸収が優しいので、
お茶にしたあと、食べることもできる。
いわば、生命力が弱って
吸収すら難しい人に向く。

少し思考をめぐらして、空に向ける。

「誰か、必要ってことかな・・?」

とはいえ、玄心というには、陽が強いな。
ただ、吸収が優しいのはいいな。

たぶん、もう一回はつくれない。

今、必要だったんだろう。

ま、今日はいい経験をした。

とりあえず、

こういうときは、提供しやすくしておこう。

それでは、良い縁を(*^-^*)

https://uminohiro.thebase.in/items/18448966