■古来、肉は薬であり、常食ではなかった。

今は、スーパーでもコンビニでも、
お肉を食べることは出来ますが、

歴史をみていくと、
「お祭り」の時しか食べられなかったり、

「病気の時」しか食べられなかったりと
特別なものでした。

ちなみに、中国では
お祭りなどで、肉が取り分けられ
それが、足りなくなったり
不公平だったりすると、暴動や
反逆の理由になるほど貴重だったようです。

「食べ物の恨みは怖い!」というのは
今とはまったく違いますが、

にしても、やはり、本質は同じなのだな。と
感じます。

今日はそんな話の中で

肉が薬という話のいのししの部分を少しだけ。
(肉をとりすぎの人もいますので
偏ってうけとらないようお願いします)

自律神経失調症や精神のエネルギー不足。
そんな方に、昔、薦めて食べられていたのが
猪肉です。

現代で言えば、うつや、統合失調症などでしょうか。

少し書物をひもとけば

・痔や疥癬(かいせん)、寝小便を治す。
・「皮膚の栄養を補い、内臓の働きを良くし、
てんかんを治す。」(本草綱目)

など、あります。

現代病を言われているものの一つに
精神の病も多いですが、

食でも改善のヒントは隠されています。
よければご活用下さい。

陰陽五行伝承お茶SHOP希の
心を元氣にするお茶

https://uminohiro.thebase.in/items/6634797

古書「自然療法施術」より一節を引く。

今日のお薦め健康法

→昔ながらの製法の梅干しと、野草湯のセット♫

火夏湯(かげとう)
『吸収を助け、神経を整え、心臓を癒す。』
コレステロール値低下、冠状動脈拡張作用、冠状動脈不全、狭心症。

https://uminohiro.thebase.in/items/11459544

『よき万能選手となることは個人により十分に生活を楽しむことを得しめ、より完全に生きしめることである。
それは内外の世界の振動に完全に調和して生活を行うことを得しめる、これは真の自然療法である。』

これはヒポクラテス時代「真の医師の先駆者の成功の秘訣。」であったそうです。

こうも言っています。
「我々は学びをはじめるのに決して年令をとりすぎてはいない。」

いいですね。いつでもスタートですね(*^-^*)

陰陽五行栄養士 上地弘三

達人と話をすると楽しい(*^-^*)

今日のお薦め健康法

入浴法で身体を芯からリラックス

(小さじ1杯お風呂に入れるだけ。)

↓入浴セットの販売リンク(^^)/
https://uminohiro.thebase.in/items/10837678

 

肝臓の話はちょっと、また今度にさせていただきます。

呼吸法の研鑽をしているときに
やはり、面白いなあと思うのは

「心には力がある。」という事実を感じる時です。

人は心で思ったように変化し、その方向へ移動していきます。

健康の話でいうなら、
いつもびくびくして、具合悪くなったらどうしよう。
具合悪いのじゃないか。この痛みは具合悪いからではないか。
もっと悪くなるのではないか。心にいつまでもとどめていると

身体が反応して「病」になる。

逆にけがをして動けない時に、「あー、もうだめだ。」
「つらい。不幸だ。なんてことだ。」と悩んでいると

心まで侵される。

そうなると「病の氣。」
病気になるわけですね。

健康になるための入り口で
「眼に見える、身体だけでなく心に気づくことが大事。」と
気功の先生も言っています。

心に気づくとは、「心には物理的な影響力がしっかりある。」力がある。と意識して練習するとググイと効果を感じますね。(*^-^*)

陰陽五行栄養士 上地弘三

血糖とか、中性脂肪とか、夏の前のダイエット、すぐに使える豆知識!!(1)

今日からは、しばらく、「脱、糖と脂肪の不調!!」の特集でいきます。

理由は2つ。あなたのためです!!
(あ、これ身内ネタだな~(笑))

そして、それ系の不調が
増える季節なので、(理由はそのうち話します。)
この特集でいきます。

はい、なるべく短く、要点のみ!!
(長いと良く言われるので!!)

■高血糖は臓器にダメージ!まずは玉ねぎでしょ!!

「高血糖は臓器を損傷。手足の壊疽、そして時に命を奪う。」
→膵臓のランゲルハンス島のインスリンが弱く、血液に糖がいつまでも
残り云々・・・・。

※説明がややこしいので割愛します。

要は、糖が血の中でドロドロすると、赤血球は酸素がうまく運べない。
なぜなら、毛細血管の中には、赤血球より細い血管があって、ぐいぐい回転しながら入っていって、酸素を届けるのだけど、ドロドロしてたりすると、そこへいけない。だから、細胞が死んでしまうというわけ。

「じゃあ、どうしたらいい!?」

■まずは玉ねぎ毎日、1/2個食べてみよう!(50g以上)

理由
・血液サラサラになる。(これは有名)
・体を温める陽性食品(陰陽学より)
・玉ねぎは心臓の薬(民間療法より)
・イオウ他ミネラル多い(一般的にも科学的検証ある)
注意:水につけたり、さらしたりしないこと。(成分がぬける)

お医者さんの臨床試験で80%の方に効果があった。

『玉ねぎおそるべし(*^-^*)』

ちなみに、僕がよく食べるのは

・玉ねぎの味噌汁。
・野菜炒め。
・ポトフ
・カレー
・オムレツ
・オニオンスープ(これはたまにですね(笑))

僕の好物はオムレツ。でも自分は
和食が得意で、洋食つくるのはちょっと苦手。

だいたい、玉子が崩れる・・・。

では、今回はこんな感じで(*^-^*)

ばいばい!!

栄養士 上地弘三