●今日は仙人の気分で(笑)

影しかみえないほど速く駆けたり

雲から下りてきて、不思議な薬をくれたり

その体格から信じられないような力を出したり

、、、、するわけではありませんが
(ちょっと期待した?(笑))

日本にしかない、野草で煎じた
”千里を見渡すような、イメージでつくった
お茶を飲みながら、花を観賞したり”

https://uminohiro.thebase.in/items/6223310

位の高い方が
”頭を聡明で過ごすために、よくつかわれる
お茶を飲みながら、考え事をしたり”

https://uminohiro.thebase.in/items/6775668

自然観の見地で
”眠り、お肌、「氣血水」の
『血(けつ)』を整えるよう、舌を潤しながら
感じたり

https://uminohiro.thebase.in/items/5362338

(※西洋医学の血液とは異なります。
「けつ」とは栄養分そのものをさします。

そんなことを
堪能(たんのう)していると

気分は高揚してきますよね(*^-^*)

綺麗な器で、ぜひぜひ、香味を楽しんで
いただきたく存じます。

ちなみに今日は

”千里の道を美しくする
木性のお茶がお薦めです。”

それでは、良い夢を~♪

達人と話をすると楽しい(*^-^*)

今日のお薦め健康法

入浴法で身体を芯からリラックス

(小さじ1杯お風呂に入れるだけ。)

↓入浴セットの販売リンク(^^)/
https://uminohiro.thebase.in/items/10837678

 

肝臓の話はちょっと、また今度にさせていただきます。

呼吸法の研鑽をしているときに
やはり、面白いなあと思うのは

「心には力がある。」という事実を感じる時です。

人は心で思ったように変化し、その方向へ移動していきます。

健康の話でいうなら、
いつもびくびくして、具合悪くなったらどうしよう。
具合悪いのじゃないか。この痛みは具合悪いからではないか。
もっと悪くなるのではないか。心にいつまでもとどめていると

身体が反応して「病」になる。

逆にけがをして動けない時に、「あー、もうだめだ。」
「つらい。不幸だ。なんてことだ。」と悩んでいると

心まで侵される。

そうなると「病の氣。」
病気になるわけですね。

健康になるための入り口で
「眼に見える、身体だけでなく心に気づくことが大事。」と
気功の先生も言っています。

心に気づくとは、「心には物理的な影響力がしっかりある。」力がある。と意識して練習するとググイと効果を感じますね。(*^-^*)

陰陽五行栄養士 上地弘三