知っておこう”野菜と臓器の関係”『腎』

☆今日のお薦め健康法

胡麻油を、毎日大さじ1/2を料理と一緒に食べる。
『身体を温めて、肝腎を元氣に!』
味噌汁、サラダ、煮物、炒め物に。
↓健康胡麻油の販売リンク(^^)/

https://uminohiro.thebase.in/items/10692076

 

今日は、よく出てくる野菜が身体のどこを
元気にしてくれるのか。の
「おおざっぱ」なお話。

なぜ、おおざっぱかというと
まず、おおまかな方が
掘り下げるにしても、あとあと覚えやすいからです。

そこで、
「え、臓器ってそもそもなんのはたらきしてるの?」

と疑問を持つ方も多いと思うので、
まず、導入としてそこを説明します。

臓器については、おおざっぱではなくしっかりと説明します。

■美容、ホルモンの調整、身体の水を綺麗にする、身体を休めているときも一番はたらいている臓器”腎臓”

腎臓は、「身体の汚れを”尿”して排出してくれる。」というのは
一般的ですね。

腎臓が元気な人は、身体がスッキリしています。
具体的には、「あごまわり」「鎖骨」「わき」「股関節」「ひざうら」
ここが、はっきりしていて、みずみずしく美しいです。

それはリンパと関係があるから。

腎臓は体内の水を綺麗にする「ろか」をして、身体を
綺麗にしてくれます。

そして、もう一つ「身体の熱」の一番最初のかなめになる役割。
東洋医学でいう、”先天の氣”というのがしまわれています。

これは、父・母から受け継いだ、最初の生命エネルギーの源の
ようなもので、しいていうなら「種火(たねび)」といった方が
いいかもしれません。

テレビの古い番組などで、寿命をろうそくの火で例えたりする場面がありましたがそんなイメージでしょうか。

朝いちばん、身体を動かすための、”火”をもっています。

そして、大事なのが、「ホルモン」全体のはたらき、
西洋医学では「内分泌」といいますが、これの役割でも
非常に大事な仕事をしています。

現代病の原因として多い、「ストレス」これに
対応してくれるのは、副腎から出る「コルチゾール」
このホルモンのおかげで、ストレスに負けません。

そして、ストレスの原因であるものごとに
「よし、どうにかしてみせる。」という
たたかう意思を奮い立たせるホルモン「パゾプレシン」
これも、腎臓に大きな関わりがあります。

減量中のボクサーが闘争心を湧きあがらせるのも
これが関係しています。

さてそれでは、腎臓を元氣にしてくれる
野菜をチェックします。

下記は【日本人における1日の野菜の摂取量の順位の順番】です。
この中で、腎臓を助ける野菜に『☆』をつけておきます。

1 だいこん  ☆
2 たまねぎ
3 キャベツ
4 白菜    ☆
5 にんじん  ☆
6 ほうれん草 ☆
7 トマト
8 きゅうり
9 かぼちゃ  ☆
10 レタス
11 もやし
12 根深ねぎ  ☆
13 ブロッコリー☆
14 ピーマン
15 ごぼう   ☆
16 なす
17 こまつな  ☆
18 かぶ
19 れんこん  ☆
20 チンゲン菜

他にも、めきゃべつ、ゆりね、くわいなどがありますね。

いかがでしたか。
腎臓を元氣にする野菜。これは「五行(ごぎょう)」という
学問からの考え方になります。

来週(15日)は「脾臓」です。
それでは、お楽しみに~。

血糖とか、中性脂肪とか、夏の前のダイエット、すぐに使える豆知識!!(4)

☆今日のお薦め野草湯

金秋湯(こんしゅうとう)
『排出を助け、細胞を浄化し、肺を癒す。』
咳止め、暑気あたり、胃腸病。

↓金秋湯の販売リンク(^^)/

https://uminohiro.thebase.in/items/9963907

■自覚症状がわかりづらい。でも、予防は1本のバナナだって助けてくれる。

「尿に泡がたったり、においが強かったり、のどが異常に乾いたり
特につらいのが、異常なまでの空腹感ですね。ホルモン(インスリン)    の過剰分泌を続けるような食事の摂り方により、出方が狂ってしまう
ことで異常な云々・・」

※はーい、割愛!

要は不規則な食事や運動不足で、インスリンという「糖を細胞に貯蔵する」ためのホルモンが出すぎたり、出ずらくなったりしてしまう。これは無理をさせすぎた原因もあります。

「どうしたらいいの?」

■少ないインスリン量で、効率的に代謝を高めるバナナを試してみよう。

1日1本のバナナの力。驚くかもしれません。ご存知の通り
「バナナ冷やす食品」です。しかし、これが 食べた後の3時間後に
血糖値(その人の標準値)を下げるということが 分かっています。
この内容の面白いところはバナナはバナナでも、高地栽培のバナナに
血糖降下作用が高いことが、確認されているようです。
陰陽学に詳しい方ならば、この意味がわかるかもしれません。

『”高地で育つ”ということは、陰(涼しい)の土地で育つということですので”陽性(温まる)”の力を、わりともったバナナになるということです。

しかしそれでも冷えが心配な方は、皮を焼いて召し上がることをおすすめします。

栄養士 上地弘三

血糖とか、中性脂肪とか、夏の前のダイエット、すぐに使える豆知識!!(3)

☆今日のお薦め野草湯

土雨湯(どうとう)
『収縮を整え、血管を助け、脾臓を癒す。』
便秘、慢性胃腸病、消化不良、胃拡張、胃下垂、胃酸過多、腎盂炎、脚気、糖尿病、膀胱カタル、婦人病、肝臓病、神経痛、眼病、慢性肝炎、黄疸、利尿、強壮剤、動脈硬化症、高血圧。

↓土雨の販売リンク(^^)/

https://uminohiro.thebase.in/items/5362420

 

■インスリンが効きづらい。だから過剰なインスリン分泌が皮下脂肪を増やす。そこで酒粕の出番!

「糖尿、高血圧、肝臓機能弱い。これらの原因と対策は似ている。
糖が細胞に入っていかない”インスリン抵抗性”。血がドロドロして
結果として血管はボロボロになる云々・・・」

※はい!割愛!

要は、血糖を下げるホルモンは出ている。しかし、細胞の方で、
これが効きづらい。そうすると、調整するために、たくさんの
ホルモンを出す。そうしたらどうなるか。
糖を細胞に、蓄積しすぎてしまう。

(例)
袋をあけようとしたら、固くてあかない。
力いっぱいあけたら、勢い余って、中身をばらまいてしまう。
そんな感じで、ホルモンを出しすぎて、過剰に糖を細胞に
蓄積した結果、「中性脂肪」が増えすぎてしまったという感じ。

「じゃあ、どうする。?」

■糖の吸収を減らして、たんぱく質を吸収する調節力をもつ、酒粕を試そう!」

百薬の長と着くとすぐに想像できます。
それはお酒です。しかしお酒は肝臓を疲れさせます。
そこで身体に良いと有名なのが「酒粕」です。

アミノ酸・麹・酵母、100種類以上の栄養物質を持つ「酒粕」。

具体的な作用として
「糖質の吸収を抑え、たんぱく質の分解・吸収を助けます。」(インスリン様作用)

ただし、酒粕は”陰(冷やす)”作用も持つので、生野菜や果物、パンとの組み合わせはお薦めしません。

料理などでは『粕漬け』がおすすめです(*^-^*)

栄養士 上地弘三

「春のおわり」に確認する食事

☆今日のお薦め野草湯

木春湯(もくしゅんとう)
『消化を助け、血流を整え、肝臓を癒す。』
糖尿病、口の渇き、頭痛、痰、咳、目の充血。
↓木春の販売リンク(^^)/

https://uminohiro.thebase.in/items/5362338

おはようございます。

今朝はとても暖かいですね。

今日は、過去栄養相談を受けた方のお話から。

■細胞に水がたまって湿疹が!

これは昨年の7月のお話です。

手に水疱(すいほう)が出て、困っている女性からの相談でした。

この方はステロイドは嫌なので、漢方で改善を試みていたそうです。

漢方の先生には、「肝臓を強くしないとね。」と言われていたそうで、耳の淵から「黄色い汁」が出たり、綺麗な肌の部分には水疱が出来たりと悩んでいました。

痛みはない。とのことでしたが、時々かゆく、じゅくじゅくした部分は水にしみる。とおっしゃっていました。

■この方の体質を聞いてみると、水毒が原因

”陰陽学”の判断でみる体質というのが、あります。

・体を温め上手、陽性体質
・体を冷まし上手、陰性体質
・なんでもため込む、実証タイプ
・なんでも流し出す、虚証タイプ

この方は

冷まし上手で、なんでもためこむ

「陰性実証タイプ」でした。

■陰性実証タイプで多い

冷ます力の代表「水分」を細胞にため込みすぎという”水毒”。

身体に水をため込む力をもつお食事や、身体を冷やす陰性の食品が冬や春に多食していると起こります。

一番代表的なのが、朝食の「ぱん」「果物」「ヨーグルト」「野菜無し」「麦茶」でしょうか。

冷ます力が朝からマックスになると、それは”冷え”になります。

■改善には

食 事→ 「ごはん」または「具沢山の味噌汁」や「根菜多め」飲み物は「ほうじ茶」
健康法→ 「足湯」または「日光浴」「20分ほどの有酸素運動」

改善してくると、「トイレが近かったのがおさまったり」「身体のおもだるさが抜けたり」「食べたあと眠かったのがおさまったり。」「鼻の通りがよくなったり。」「肌がきれいになったり」という変化を感じます。

ちょうど、”冬の冷え体質”を引っ張ってしまっている方が、相談に多くなる今頃、どうぞ思い当たる方は参考にしていただき、
元氣でお過ごし下さいませ。

陰陽五行栄養士 上地弘三

先の”血”と後の”血”

あまりなじみのない言葉だと思います。

これは、腎の滋養と、脾の滋養という意味です。

腎の滋養と、脾の滋養は、肝の疏泄作用によって
全身に流れます。

腎は身体の水に例えられ、脾は身体の栄養(東洋医学ではこれを”血”と呼びます。)

そして、これらを全身に流す臓器が

水と、養分(栄養)を吸い上げる”木”の役割である
”肝臓”でして、この流す作用を疏泄作用と呼ぶわけです。

春の季節を調べると、
春は”肝臓”が弱りやすい。

その肝臓を強く助けるというのは
なかなかに容易なことではありません。

特に赤子、老人には大きな痛手となることがあります。

健康について新たに、紐解いた書物によれば
「人が人の健康を助けるのは、添え木のようなもので
本人が自身で健康を保つための努力を超えるものはない。」

そのようにでてきます。

確かになるほど。です。

「絶対に治る!」
栄養相談を受ける際に、この気持ちはかわりませんが

全力を尽くして、それ以上は相手の生命力を信じる。

そこはたがえてはいけないのであるなぁ。

と再確認致しました。

陰陽五行士 上地弘三