北の山に玄武がいる理由

これは栄養学のお話です。

一見全然違うように見えますが、身体の仕組みを
方角の観点からみた、れっきとした学問です。

■玄武(げんぶ)は、智慧の源泉を守っている。

前回、東西南北で理想的な地形のお話をしました。

それが

東に川があること。
西に道があること。
南に池があること。
北に山があること。

ちなみに、玄武がいるのは
北の”山”です。

この”山”を人に例えると、頭がその位置となります。

五行学(ごぎょうがく)では、智慧とは水のことを表しています。
ですので、智慧がはたらかなくなると、水に異常がおこると考えます。

少し想像してもらうとわかりますが、人間の体の中で水分が多いのは、
脳のまわりです。

他にも、飲み水を制限すると、闘争心がわき、智慧豊かな、おだやかな状態では
なくなります。

怒っている人に、「水を飲んで落ち着いて。」というのも
智慧(理性的な)のエネルギーを補充する意味もあるからなのです。

ですが、少し不思議なことがあります。
四方向の「川」「道」「池」「山」でいうなら、
玄武は亀ですし、「山」よりも「川」や「池」のほうが
住みよいはずです。

なぜ、山にいるのでしょう。

それは”四神(ししん)”とは、川や池の源泉を守っているからなのです。
川も山がおかしくなれば、流れなくなってしまいます。

まして池は、川もそうですが、それ以上にもとの一番最初湧き出てくる水。
山がおかしくなれば、どうにもならなくなるからです。

玄武はその一番、水のはじまりにとって大事な場所を知っているのです。

だから守っているのです。

ちなみに、北とは臓器でいえば「腎臓」を指します。
ゆえに、腎臓がおかしくなると、山がおかしくなる。
場所でいえば、頭がおかしくなる。ということです。

ということは、頭を守り、智慧を明瞭にするには、
腎臓を大切にすること。

それを表しています。

「水」について考え、「水」を大切にすること。
それが、頭を元氣にしていくことにつながります。

陰陽五行栄養士 上地弘三

仲間との語らい(2018.4.5の日記)

自分が尊敬している起業家の友人がいる。

仕事の話が多いが、「伝承栄養学」にも耳を
傾けてくれる。

それを少し紹介したい。

「ここ2.3年、食べるようになって、10キロ増えちゃったんですよね。」
彼はそんな話をしてくれ、1日のカロリーの帳尻を食べる量であわせると
よいのだろうか。と疑問を話してくれた。

彼は起業家だけに、頭の回転が速い。
糖を制限するダイエットをしたことがあるそうだが
頭が回らなくなるという欠点に気づき、それはやめたそうだ。

「タバコを吸っていたわけでもないのに、食べたくなるんですよね。」

彼と話しをしていて自身にも気づきがあった。

「食べたいというよりも、脳にはドーパミンというのが必要でさ。
それが、脳をすっきりさせるんだよ。だからほしくなるんだね。」

彼は興味ありげに聞いてくれた。
話を引き出すのが非常に上手だ。つい調子をあげて
自分も話してしまう。

「ドーパミンの食事療法もあるけど、ベータエンドロフィンという
ホルモンを活用する食事療法あるよ。ちなみに、、、フィギアスケートの選手で
のっている時に、恍惚とした表情で演技する人いるでしょ。あのときに
出ているホルモン、、、、、」

話しについ花が咲いてしまった。

ちなみにベータエンドロフィンとは、天然の鎮痛剤と言われ
骨が折れていても、動けてしまうほど。

薬でつかう”モルヒネ”よりも強力で、しかも
副作用がない。

彼と家の前でひとしきり話したあと、

商材の画像をお願いするため、商品を預かってもらった。

数時間たたないうちに、彼から連絡がきた。

「試したらめちゃくちゃ集中できました!」

伝承栄養の力もすごいと思ったが、

何よりも、出来る人というのは、「迅速」かつ「正確」で
対応が「紳士」であるな。と感じた。

私も見習わなくてはいけない。

人の縁とはすばらしい。

今日も感謝だ!!

陰陽五行栄養士 上地弘三