”満月の塩”と”水冬湯(すいとうとう)”を試してみて。

突然ですが、、、、、

”冷え”というのは、体温が低いことではありません。

「は?」と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、

脇の体温をはかっても、あくまでリンパの体温なので

免疫が活性していた場合、熱があがってしまい、かえってわかりません。

「じゃあ、どうやって”冷え”ってわかるの?」

そう思いますよね。じゃあ、どうやったら分かるのか。

冷えというのは、”陰陽学(いんようがく)”では

体内の”陰の力(冷やす力)”の蓄積量で考えます。

そしてその蓄積量をコントロールする臓器。それは

”腎臓”です。

では、どのように判断したらよいのか。

一つの指標として『小のお手洗いの回数』があります。

冷えていればいるほど、

尿の量は少なく、そして行く回数が多くなります。

温かい体質とは、

・トイレの回数は1日だいたい5回程度で、しっかりと出る。

・暑いところでも、寒いところでも、適応できる。

・痛みに強く、馬力がある。

こんな特徴があります。

歯医者さんとかで、やたらと痛がる人は、冷えているかもしれませんね。

かくいう私も、

一時期冷えていることがありました。

甘いものを食べすぎたり、ストレスを受けすぎたり、
したときです。

ちなみに、

人のせいにしたり、嘘またはいいわけをしたり、

噛まずに、飲みこんでいたりしても

「冷え体質」に近づいてしまいます。

最近は嬉しいことに、たくさんの仕事を
させていただいているので、

”陽の氣(あたたまる力)”の使いすぎで

足りなくなってしまい、冷えてしまうことがあります。

そんな時しているのが、

”塩湯入浴”&”薬草風呂”

5gの「満月の塩」を湯舟に入れ、

さらに、「水冬湯(すいとうとう)」を1袋入れて

湯舟につかります。

お湯はやわらかく感じるし、

それでいて、温かいし(*^-^*)

疲れと、冷えが、すごーーーく抜けるんですよね~。

良く温泉では、「疲れが出る~。」というそうですが、

本当に良く、抜けます。

・・・・やばい、また入りたくなってきた。

今日もゆっくりつかろう。(*^-^*)

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

陰陽五行栄養士 上地弘三

 

↓入浴セットの販売リンク(^^)/

https://uminohiro.thebase.in/items/10837678

家族を救った自然療法のお話

日々、栄養相談のお電話を頂戴しながら

実践の合間に、「伝承療法」の書物を開きます。

今は春の雨季ということもあり、氣に出る方が
多いです。
自身も気を付けなくてはいけないな。と
改めて思います。

伝承療法の技術を調べるのはライフワークになっていますが
冒頭のあいさつのお話や、あとがきというのもすごく
伝わってくることもあり、自分はだいすきです。

その中で、「伝承療法」にうちこんだ人のお話を少し
短縮して今日は書こうとお思います。

■家族を救った自然療法

肺結核を患い、自然療法に出会って完治した筆者が
弟の嫁の病気に出会ったときの話です。

肋膜炎という病にかかり、医者が来ては何度も水を取るのですが
すぐにたまる。

はっきりいってなかなか良くならず、つらい状況であった
ことでしょう。

たまりかねたであろう筆者が
彼岸花の根、ハブ草など、他にも一般的な野草を煎じて
たぶん、飲んでもらう様、説得したと思います。

「そんなので治るかい。医者も治せないのに。」と
言われたことでしょう。

それでも、なんとか飲ませたそうです。

すると、トイレにいくのが忙しくなったようで、
たまっている水は2~3日のうちになくなってしまった。

お医者さんはびっくりしたとのことでした。

それからはみるみるうちに元気になったとこのこと。

こんなお話をみつけては、読むようにしています。
というのも、「必ず治る。」そう願ってお話をさせて
もらうからには、治る意識に”氣”をあわせていくのが
力になるからです。

今、私も、伝承の野草湯を煎じながら、
少しでも、元氣になる方法を、常々修行中であります。

さきほど、また、昔の文献を手に入れることとなりました。

今まで対応できなかったものを、自身さらに昇華させ
必ず、対応していこう。

その想いを改めて再確認致しました。

陰陽五行栄養士 上地弘三

”楽”で”早”い力をもつ伝承療法。頭に草かんむりを乗っけて読んでみて♫

ひとこと栄養学

3. 歯槽膿漏と眼をいきいきとする野草茶!

「お見合いをする前は、柿の葉の煎じ薬で眼を洗いなさい!」
こんなお話があるそうです。眼が綺麗で魅力的になるようです。
(僕も飲もうかなあ(笑))

柿の葉はもともと、排出の力に優れているので、きっと
昔から、秋の疲れに使われていたのでしょうね。

それにしても、、、、

歯槽膿漏(食のアンバランスや食べすぎ)や

眼がいきいきとする(肝臓が元氣になる)など、昔から

食の悩みというのはよく似ているのですね~(*^-^*)

特に今は飽食の時代と言われていますが、より良いものを

しっかり選んで下さいませ。

陰陽五行士 上地弘三