古書「自然療法施術」より一節を引く。

今日のお薦め健康法

→昔ながらの製法の梅干しと、野草湯のセット♫

火夏湯(かげとう)
『吸収を助け、神経を整え、心臓を癒す。』
コレステロール値低下、冠状動脈拡張作用、冠状動脈不全、狭心症。

https://uminohiro.thebase.in/items/11459544

『よき万能選手となることは個人により十分に生活を楽しむことを得しめ、より完全に生きしめることである。
それは内外の世界の振動に完全に調和して生活を行うことを得しめる、これは真の自然療法である。』

これはヒポクラテス時代「真の医師の先駆者の成功の秘訣。」であったそうです。

こうも言っています。
「我々は学びをはじめるのに決して年令をとりすぎてはいない。」

いいですね。いつでもスタートですね(*^-^*)

陰陽五行栄養士 上地弘三

トリビア栄養学。(男性ホルモンと毛が抜ける関係)

今日のお薦め健康法

→智開の黒(ちかいのこく)
『身体のしこりを根幹から除去する、と伝えられてきたもの。』
利尿作用、胆道結石、尿道炎、腎臓結石、膀胱結石、尿路結石、血糖降下作用
鎮咳(せきをとめる)、去痰(たんをきる)、ぜんそく発作、神経痛、気管支炎、黄疸、
痛風。

販売リンクhttps://uminohiro.thebase.in/items/11459752

男性ホルモンは大事です!
長所をあげると

・冒険心をもてる。

・筋肉量がふえる。

・決断力があがる。

・そして何よりも自信がでる。

(男性に向けての話だけではありません。
女性も男性ホルモンをもっています。)

今回はトリビアなので、簡単な結論だけ。

「男性ホルモンが多くても、毛は抜けません。
ただし、男性ホルモンをDHTというホルモンに変換する酵素が
はたらくとDHTが増えます。」
→このDHTが増えすぎてしまうと、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

ちなみに対策ですが、

ウコンやカボチャの種。大豆イソフラボンを摂ると
この酵素を抑えてくれる結果が出ています。

陰陽五行栄養士 上地弘三

健康管理士(嗅覚について)

今日のお薦め健康法

金秋湯(こんしゅうとう)
『排出を助け、細胞を浄化し、肺を癒す。』
咳止め、暑気あたり、胃腸病。

販売リンク

https://uminohiro.thebase.in/items/5362429

 

嗅覚が衰えると、、

・虚弱体質になる。

・筋肉量が減る。

・覇気がない。

・ひきこもりがちになる。

・1日の時間感覚にめりはりを感じなくなる。

そんなことがあるそうです。

特にアルツハイマー病の患者と、健康な高齢者を比較すると
明らかにアルツハイマーの方の方が、嗅覚の感覚が鈍いテスト結果になったそうです。

嗅覚障害を治療薬するトレーニング法などの記載は
ありませんでしたが、

『嗅覚は同じ匂いを長期間嗅いでいると疲れる。』
という点から、自身の身体が一番身近な匂いのもとなので
清潔に保つことが、嗅覚減退の予防になりますね。

・足の指を清潔にする。
・汗をよくかく、脇を清潔にする。
・鼻うがいをして、鼻の粘膜を掃除する。

汗はこまめにふき取ることも大事ですね。

暑いこの時期、夏バテで動きたくなーい。
となるといろんな部分に配慮が行き届かなくなりがちです。

そんな時こそ、
お掃除をたくさんして、元氣にいきましょうー^^

陰陽栄養士 上地弘三

「春のおわり」に確認する食事

☆今日のお薦め野草湯

木春湯(もくしゅんとう)
『消化を助け、血流を整え、肝臓を癒す。』
糖尿病、口の渇き、頭痛、痰、咳、目の充血。
↓木春の販売リンク(^^)/

https://uminohiro.thebase.in/items/5362338

おはようございます。

今朝はとても暖かいですね。

今日は、過去栄養相談を受けた方のお話から。

■細胞に水がたまって湿疹が!

これは昨年の7月のお話です。

手に水疱(すいほう)が出て、困っている女性からの相談でした。

この方はステロイドは嫌なので、漢方で改善を試みていたそうです。

漢方の先生には、「肝臓を強くしないとね。」と言われていたそうで、耳の淵から「黄色い汁」が出たり、綺麗な肌の部分には水疱が出来たりと悩んでいました。

痛みはない。とのことでしたが、時々かゆく、じゅくじゅくした部分は水にしみる。とおっしゃっていました。

■この方の体質を聞いてみると、水毒が原因

”陰陽学”の判断でみる体質というのが、あります。

・体を温め上手、陽性体質
・体を冷まし上手、陰性体質
・なんでもため込む、実証タイプ
・なんでも流し出す、虚証タイプ

この方は

冷まし上手で、なんでもためこむ

「陰性実証タイプ」でした。

■陰性実証タイプで多い

冷ます力の代表「水分」を細胞にため込みすぎという”水毒”。

身体に水をため込む力をもつお食事や、身体を冷やす陰性の食品が冬や春に多食していると起こります。

一番代表的なのが、朝食の「ぱん」「果物」「ヨーグルト」「野菜無し」「麦茶」でしょうか。

冷ます力が朝からマックスになると、それは”冷え”になります。

■改善には

食 事→ 「ごはん」または「具沢山の味噌汁」や「根菜多め」飲み物は「ほうじ茶」
健康法→ 「足湯」または「日光浴」「20分ほどの有酸素運動」

改善してくると、「トイレが近かったのがおさまったり」「身体のおもだるさが抜けたり」「食べたあと眠かったのがおさまったり。」「鼻の通りがよくなったり。」「肌がきれいになったり」という変化を感じます。

ちょうど、”冬の冷え体質”を引っ張ってしまっている方が、相談に多くなる今頃、どうぞ思い当たる方は参考にしていただき、
元氣でお過ごし下さいませ。

陰陽五行栄養士 上地弘三

嬉しいお便り(*^-^*)

今日は「栄養相談」でお話をする方より

嬉しいお便りを頂戴しましたので紹介します。

『お陰様で気温の変化に関係無く私も子供達もあたたかく活動的に過ごせてます。水冬とお塩の効果を実感しています。
いつも気にかけて戴いて有り難うございます。
火曜日、東京は1日雨降りだった様ですが、こちらは夕方から雨が降りだし気温も下がり、夜遅くに塾から帰宅した息子に寒くない!?と聞いた所…身体が温かいから寒くないよ~と。
そして夕食を食べ始めた息子がご飯って美味しいね~としみじみ言いながら玄米ご飯をおかわりしてました。少し前まで温泉まんじゅう大好きだったんですが…今では目の前にお饅頭があっても『今は食べない…テストを控えてるから、マラソン大会を控えてるから』
と食べたい欲求よりも自分がやりたい事を成し遂げることの欲求が強くなり食事のとりかたも変わってきてます。』

こちらこそ、ありがとうございます。

お食事を、家族のために配慮していた気持ちが伝わったのですね。(*^-^*)

本当に良かった。

「世界の平和は奥様が守っている!」

私のセミナーでの題号です♪

陰陽五行栄養士 上地弘三

 

※今回の「冷え対策」に使ったセットはこちらです↓

https://uminohiro.thebase.in/items/10837678