様々な環境に道をつくる白虎

前回は青龍のお話をしました。
今回は白虎です。

おさらいです。

東に川があること。
西に道があること。
南に池があること。
北に山があること。
※理想的地形でお話しました

白虎は西を守っています。いわば”道”を守るものです。

「道端に虎なんていたら、怖くてかえって歩けないよ。」

こんな反論が来そうです。

まあ、それはごもっともですね(笑)

道とは何かが通ることから起こります。

人が通っても”道”ですし
動物が通っても”道”です。
そして”風”が通ってもそこは”道”になります。

白虎は、雪の中でも、または高い山の上でも
湿地であっても、森であっても、平原であっても生活し、
また川で泳ぐとしても得意である。と伝えられています。

まさしく、行くところを”道”とするものであります。

では、なんの違和感もないですね。

、、、、いいえ、ここにも違和感があります。

どこもが道になるのであれば、あえて西を守る必要は
ないはずです。

そして良く話される風水に、青龍を高くおき、自身をその次の高さに
白虎の方角を低くすると良い。とあります。

陰陽でいうなら、”陰”の位置として考えるわけですから
白虎というのは”難関”を守っているということになります。

では、ここで栄養学です。
”難関”と”食”とは何か。

それは、”小毒(少々負担のあるもの)”を食す。ということです。
例えば、硬いもの(繊維)や、または、食べられない(無食)を食す。

食べられない。を食べるとはトンチのようですが、
食べてない。という食行動も一つの”食”のことです。

例えば一般的に身体に悪いものも、場合によっては”食”して
自身の身体で浄化し、自然に返す。これもまた
一つの”食”であります。

これ、まさに『難関の”食”』なのですね。

ここの説明は少し難しいですね。

ですが、少しでも伝わればと願います。

陰陽五行栄養士 上地弘三

川の中にいる青龍

 

前回は玄武のお話をしました。
今回は青龍についてです。

またおさらいです。

東に川があること。
西に道があること。
南に池があること。
北に山があること。
※理想的地形でお話しました。

東と言えば、青龍(せいりゅう)です。
川の方角にいる青龍。違和感はありませんでしょうか。

「青龍というと、蛇と例えられることもあるし、青い水と関係あるし
別に水の中でも変ではないんじゃない?」

そんな声が聞こえてきそうです。

「東」を五行で表すと「木」になります。
ちなみに八卦でみたときに、「水」の横に「沢」があり
「沢」とは木々なども含めた賑わいを表します。

青龍が本来「木」を守る位置にいるなら、なぜ
川の中にいて、川を守っているのか。

それは、木々は水がなければ、育たない。
木を守るには、根本的に水を守らなければ
護れないことを分かっているからなのです。

木とは滋養をさします。

ゆえに、滋養食、食べ物事を考えていくことが
手を含めた、健康につながっていきます。

陰陽五行栄養士 上地弘三

北の山に玄武がいる理由

これは栄養学のお話です。

一見全然違うように見えますが、身体の仕組みを
方角の観点からみた、れっきとした学問です。

■玄武(げんぶ)は、智慧の源泉を守っている。

前回、東西南北で理想的な地形のお話をしました。

それが

東に川があること。
西に道があること。
南に池があること。
北に山があること。

ちなみに、玄武がいるのは
北の”山”です。

この”山”を人に例えると、頭がその位置となります。

五行学(ごぎょうがく)では、智慧とは水のことを表しています。
ですので、智慧がはたらかなくなると、水に異常がおこると考えます。

少し想像してもらうとわかりますが、人間の体の中で水分が多いのは、
脳のまわりです。

他にも、飲み水を制限すると、闘争心がわき、智慧豊かな、おだやかな状態では
なくなります。

怒っている人に、「水を飲んで落ち着いて。」というのも
智慧(理性的な)のエネルギーを補充する意味もあるからなのです。

ですが、少し不思議なことがあります。
四方向の「川」「道」「池」「山」でいうなら、
玄武は亀ですし、「山」よりも「川」や「池」のほうが
住みよいはずです。

なぜ、山にいるのでしょう。

それは”四神(ししん)”とは、川や池の源泉を守っているからなのです。
川も山がおかしくなれば、流れなくなってしまいます。

まして池は、川もそうですが、それ以上にもとの一番最初湧き出てくる水。
山がおかしくなれば、どうにもならなくなるからです。

玄武はその一番、水のはじまりにとって大事な場所を知っているのです。

だから守っているのです。

ちなみに、北とは臓器でいえば「腎臓」を指します。
ゆえに、腎臓がおかしくなると、山がおかしくなる。
場所でいえば、頭がおかしくなる。ということです。

ということは、頭を守り、智慧を明瞭にするには、
腎臓を大切にすること。

それを表しています。

「水」について考え、「水」を大切にすること。
それが、頭を元氣にしていくことにつながります。

陰陽五行栄養士 上地弘三

”風”と”水”から視る栄養学。

東西南北を守る、四神(ししん)について

聞いたことはありますでしょうか。

意外と節句とかでも身近なものになっていますが
今回はそれを栄養学に応用しているお話をします。

人間の身体も一つの小宇宙です。
ちなみに四神のいる方角は

東、青龍(せいりゅう)
西、白虎(びゃっこ)
南、朱雀(すざく)
北、玄武(げんぶ)

です。

この四神がいる上で、理想的な地形があります。

それは、

東に川があること。
西に道があること。
南に池があること。
北に山があること。

さて、これがどう栄養学につながっていくのか。

それを数回に分けて話していきます。

陰陽五行士 上地弘三

仲間との語らい(2018.4.5の日記)

自分が尊敬している起業家の友人がいる。

仕事の話が多いが、「伝承栄養学」にも耳を
傾けてくれる。

それを少し紹介したい。

「ここ2.3年、食べるようになって、10キロ増えちゃったんですよね。」
彼はそんな話をしてくれ、1日のカロリーの帳尻を食べる量であわせると
よいのだろうか。と疑問を話してくれた。

彼は起業家だけに、頭の回転が速い。
糖を制限するダイエットをしたことがあるそうだが
頭が回らなくなるという欠点に気づき、それはやめたそうだ。

「タバコを吸っていたわけでもないのに、食べたくなるんですよね。」

彼と話しをしていて自身にも気づきがあった。

「食べたいというよりも、脳にはドーパミンというのが必要でさ。
それが、脳をすっきりさせるんだよ。だからほしくなるんだね。」

彼は興味ありげに聞いてくれた。
話を引き出すのが非常に上手だ。つい調子をあげて
自分も話してしまう。

「ドーパミンの食事療法もあるけど、ベータエンドロフィンという
ホルモンを活用する食事療法あるよ。ちなみに、、、フィギアスケートの選手で
のっている時に、恍惚とした表情で演技する人いるでしょ。あのときに
出ているホルモン、、、、、」

話しについ花が咲いてしまった。

ちなみにベータエンドロフィンとは、天然の鎮痛剤と言われ
骨が折れていても、動けてしまうほど。

薬でつかう”モルヒネ”よりも強力で、しかも
副作用がない。

彼と家の前でひとしきり話したあと、

商材の画像をお願いするため、商品を預かってもらった。

数時間たたないうちに、彼から連絡がきた。

「試したらめちゃくちゃ集中できました!」

伝承栄養の力もすごいと思ったが、

何よりも、出来る人というのは、「迅速」かつ「正確」で
対応が「紳士」であるな。と感じた。

私も見習わなくてはいけない。

人の縁とはすばらしい。

今日も感謝だ!!

陰陽五行栄養士 上地弘三

”楽”で”早”い力をもつ伝承療法。頭に草かんむりを乗っけて読んでみて♫

ひとこと栄養学

3. 歯槽膿漏と眼をいきいきとする野草茶!

「お見合いをする前は、柿の葉の煎じ薬で眼を洗いなさい!」
こんなお話があるそうです。眼が綺麗で魅力的になるようです。
(僕も飲もうかなあ(笑))

柿の葉はもともと、排出の力に優れているので、きっと
昔から、秋の疲れに使われていたのでしょうね。

それにしても、、、、

歯槽膿漏(食のアンバランスや食べすぎ)や

眼がいきいきとする(肝臓が元氣になる)など、昔から

食の悩みというのはよく似ているのですね~(*^-^*)

特に今は飽食の時代と言われていますが、より良いものを

しっかり選んで下さいませ。

陰陽五行士 上地弘三

蒸したキャベツに、少し垂らして、塩をふるとすごく美味しい(*^-^*)

ひとこと栄養学

2. 皮膚のかゆみに、油でさらば!

民間療法にこうあります。
『皮膚のかゆみは耐え難い。子どもは特に皮膚をかいて
傷つけてしまう。そんなとき、誰でもできる民間療法。
純正のゴマ油(まざりものなし)を沸騰しない程度に
鍋で熱して、小瓶に保管。かゆいときに塗りましょう。
副作用がないのが、良いところです。』

意外としらない。すごーく、簡単な方法。

しかし、今、なかなか質の良い油を探す方が大変ですね。

ごま油は”陰陽(温める・冷ます)”で言っても

”陽(身体の代謝をあげる)”油です。お試しあれ!!

陰陽五行栄養士 上地弘三

第2幕をはじめます!!【陰陽五行栄養学】

お久しぶりです。とは言ってもはじめてお目にかかる方だったら
失礼しました(*^-^*)

4月1日より、いよいよ『陰陽五行栄養学』をはじめます。

前に書いていた時は『陰陽栄養学』と話していましたが
”陰陽(いんよう)”とは身体を”中庸(まんなか)”の状態に
もっていく話が大事とされています。

しかし、実は身体の組織ごとに、『真ん中の状態は全部違う。』という
ことはお話してきませんでした。

例えば食事に例えると、

「糖分が”脳には中庸(ちょうどいい。)”としてはたらいたけど、
”腎臓には陰(さむくて冷えるわ((+_+))))”というお話」

みたいな感じのお話ですね。
(*^-^*)

さて、
これからは気楽に読んでいただくためも含めて

短く書いていきますので、またおつきあいいただけたらと
存じます。

それでは、はじまり~(*^-^*)

ひとこと栄養学

1. 肩こり・痛みを軽減するジュース療法

人参とりんごを使ったジュース療法は基本となっています。
この時期、そこに痛みを伴うものを、少しでも楽にしてあげたい。
ということで、応用を説明します。

とはいっても、、、、、簡単です。

人参リンゴジュースに、キャベツ100gを加えてつくるだけ!!

ヨーロッパの民間療法でもある、「キャベツ汁を飲む!」方法でもおなじみです。

春は肝臓が弱るのが、臓器をみる栄養学の「五行(ごぎょう)」でも分かります。

御大事にして、あげてくださいね。(*^-^*)

陰陽五行栄養士 上地弘三

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !